読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

購入権利配布所

ゴワしたりゴワされたり

プラモオフというかバーザムオフ楽しかった

f:id:GNPSTONP:20140126131151j:plain

 

久々の大規模プラモオフ行ってきました。

今回はガンダムビルドファイターズの流れに乗っかって、大ガンプラ大会。

一つ前のプラモオフは法事で行けなかったので割と気合入ってたよ!

f:id:GNPSTONP:20140126131131j:plain

 

プラモオフの恒例、フォトラ環境のセットアップ。

撮影紙抑え用のアイテムに他意は無いよ!

 

f:id:GNPSTONP:20140126171013j:plain

 しゅつどうだー!!!

(いきなりプラモじゃない)

フォトラを使うとロボカーポリーへんしんシリーズもいい雰囲気で撮れます。

会場で「アンバー(の背中の変形のクリック感)が気持ちいい!」

と連呼していた変質者は自分です…

 

とりあえず自分で作ったガンダムX魔王(GPベース部分はマジックで手書き…)

f:id:GNPSTONP:20140126170644j:plain

 

 そしてガンダムDX 

f:id:GNPSTONP:20140126170337j:plain

 

 マオくんがOPで積んでいたHGV2ガンダムも作ったのだがフォトラベースで写真撮るの忘れてしまった…

 

 

そしてうっかりROBOT魂バーザムの発送が間に合ってしまったため、オフ会はバーザムオフの流れに。

f:id:GNPSTONP:20140126185135j:plain

 

 !?

 

f:id:GNPSTONP:20140126185406j:plain

意識の高いバーザム

 

f:id:GNPSTONP:20140126185438j:plain

どう見ても謝罪会見

 

ではここからカオス感あふれる作品集をぺたぺた貼っていきます。

 

f:id:GNPSTONP:20140126191046j:plain

 

f:id:GNPSTONP:20140126191129j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126191147j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126191210j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126191457j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126191825j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126193132j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126193425j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126194005j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126194611j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126202208j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126191229j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126202111j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126202106j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126194643j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126195725j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126201615j:plain

 f:id:GNPSTONP:20140126201908j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126201904j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126202133j:plain

f:id:GNPSTONP:20140126202139j:plain

 

ガンプラは自由な発想で作っていいんだ!

というわけでバーザムビルドファイターズでした。

 みんなでワイワイ素組みするのも楽しいもんです。

「艦これ」で資材回復待ちしてる間、DMM.comのR-18オンラインゲームを遊んでみた

ゲーム

艦隊これくしょん-艦これ-」が今一部で人気で、自分も遊んでます。

『艦隊これくしょん -艦これ-』は、DMM.com角川ゲームスが共同開発した、新しいタイプのソーシャルゲームです。
旧日本軍の駆逐艦や軽巡洋艦、重巡洋艦を擬人化した「艦娘(かんむす)」で、艦隊を編成、育成、強化しながら、
無敵の連合艦隊を目指す育成シミュレーションゲームです。

wikiより引用



時間で生産リソースが回復する、ブラウザゲーとしては一般的なシステムなのですが、「艦娘(かんむす)」の可愛さとボイスの多さ、ディープなマニアもうならせる旧日本海軍ネタの取り入れ、可愛さと実用性が同居するUIと、そのトータルクオリティは相当なもので、話題になるのも納得です。
人気有りすぎてこのブログ執筆段階では新規アカウントの受付を止めてサーバー強化に注力するという状況…
さすが角川の肝いり。気合とお金の物量を感じます…!アニメ化待ったなし!!!


…で、今回は艦これのクオリティが高い事を語りたいわけではありません。

f:id:GNPSTONP:20130624224105p:plain


艦これを運用しているDMM.comにはR-18のページがありまして、
そこから「R-18のブラウザゲーム」をプレイすることができます。

基本無料でウヘウヘヘしたいというよりかは
「R-18のブラウザゲームとはなんぞや」と単純に興味があって何作かプレイしてみたんですが


…なんかすげえ世界だった……


結構な数のゲームがあるのでとても全部はプレイできなかったのですが、
ランキングが高かったりオススメされたゲームの感想をいくつか書いてみるので、
このディープな世界の片鱗を感じ取ってくれたらと思います。

※これ以降、リンク先は大体18禁なので注意してください!

キャプ画像に直接描写があるものは避けてるつもりですが、うっかりの可能性もあるので閲覧は注意!!

 



Lord of Walkure(ロードオブワルキューレ) 

執筆段階では人気ランキング一位。

一般版もあるし、艦これのすぐ隣に位置してるゲームなので、
見たことある艦これプレイヤーも居るのではないかと思います

で、このゲームをプレイしてみた率直な感想なんですが


…ハマってるんです…

サーバーが貧弱でよく落ちる艦これより、こっちをメインにプレイしてるぐらいなんです…

f:id:GNPSTONP:20130624224420p:plain

 f:id:GNPSTONP:20130624224553p:plain

f:id:GNPSTONP:20130624224631p:plain


このゲームはカードを揃えてデッキを組み、クエストを進行しながらカードを強化していく、いわゆる一般的なソーシャルゲームタイプ。

(語弊のある言い方だけど伝わりやすいのでこれで通します)

昨今のソーシャルタイプのシステムで比較してもやれることは少なく、かなり単調なゲームです。

その上、この後紹介するゲームに比べて、エッチなシーンが見られる頻度が圧倒的に少ないです。
エッチなシーンを見るには同じ種類のアンコモン以上のカードを4枚揃える必要があるのですが、序盤はカードそのものが殆ど排出されず、カードを育成する餌となるコモンカードですら貴重品。
(中盤以降は大ボスの撃破報酬でかなり貰える様になるそうですが)

 

f:id:GNPSTONP:20130624224710p:plain


さらに、一部コモンカードのクオリティがヤバイレベルだったり
課金の価格設定が高目だったりと穴もたくさんあります。


ですが、謎の中毒性があるんです…

この中毒性に一役買ってるのが装備のシステム。

f:id:GNPSTONP:20130624224737p:plain


このゲームはカードの排出が渋い代わりに、
プレイヤーキャラのアバターに装着する装備品の排出が非常に多く、
装備品の合成に必要なコストはゼロ。

(合成失敗による素材消失のリスクだけはある)

f:id:GNPSTONP:20130624224810p:plain

 

f:id:GNPSTONP:20130624224846p:plain


どんな弱い装備品でも合成でつけた+の値を他の装備に足していけるシステムなので、「装備の成長」がどんな行動をしても常に行われ続けるというのが大きいです。

 

f:id:GNPSTONP:20130624231417p:plain

また、中盤以降は大ボスの弱点属性を突くために複数の属性付き装備を作成する必要性が出てくるので、常に装備を合成し続けていく事になります。
これが忙しいながらも楽しい。

加えてコストが自然回復するペースが非常に早い上、ブラウザ上の処理も軽快なのも重なり、全体的にかなり成長のテンポが良いゲームになってます。

また、各種バランスの面でも
デッキ構築に使うコスト「カリスマ」、
クエストを消費するためのコスト「体力」、
大ボスや擬似対人戦を行う為の必要なコスト「フォース」
3種のパラメータ配分と必要になる量の上昇ペースが絶妙で、
レベルアップ時にどのパラメータを上げていくか常に悩み続ける事になります。

やれることが単純ながら、パラメータやレスポンスの妙により、ついつい進めたくこの感じ。
こういう職人芸が感じ取れるゲームが好きなんです自分は…

というわけで、やれることは少ないですがポチポチするのが妙に気持ちいい『ロードオブワルキューレ

アバター名「おぷもんど」でプレイしてるので良かったら戦友申請してください!(ゴワスは取られてた)
午前10時頃と23時~1時頃によくプレイしてます!!


思わず手触りのいいゲームの出現に気を良くし、次にプレイしたのが

Fairly Fantasia フェアリーファンタジア

「業界初!イカせアニメ搭載」のコピーが目を引きますが、
「業界」ってどこからどこまでなんだろう…

とりあえず起動…

f:id:GNPSTONP:20130624225050p:plain




うわぁぁぁぁぁ!!!

ガラケーのレイアウト流用だぁぁぁぁ!!!!!

 

f:id:GNPSTONP:20130624225127p:plain


マイページだけはブラウザに対応した画面構成になってますが

f:id:GNPSTONP:20130624225148p:plain


何かコマンドを選択する度にガラケーのレイアウトになるのが色々考えさせられます。

エッチなシーンはある程度予想は出来ると思いますが、
「探索」をこなして出現するボスを撃破したり
カードを合成していくと少しづつ脱いでいく感じになっています。

例の「イカせアニメ」ですが、絵のクオリティがそんなに高くないのはまあいいとして、ここは気合が必要と思ったのか、画面の表示領域をブラウザ用に拡大したのはいいものの、解像度がガラケー版と変わらないので結果、解像度の低い「イカせアニメ」が大きく画面に表示されるという辛い状態になってます…

(キャプは無いよ!)


ソーシャルゲームの基本ルールをR-18にするならこうなるだろうなー」
みたいなものがそのまま入ってる感じなので、「携帯版をブラウザで遊ぶ」という割り切りで接するのがいいかなとおもいます。


ペロペロサイミン

-ストーリー- (ペロペロサイミンwikiより引用)

主人公は催眠神拳の使い手。
山奥で兄の裸王と共に修行をしていたが、兄がもっといい生活を求めて世界征服を企み
師匠の元を去ってしまった。
師匠に兄の催眠神拳を封印するよう言われた主人公は、兄が最後に残していった言葉

「まずは東京からだー!」

を便りに上京することに。
上京した主人公はとある喫茶店にて白雪愛瑠という銀髪の女性と会う。
白雪はどうやら裸王の居場所を知っている様子。
激しい戦いの末に白雪を倒した主人公は、仲間になった白雪と共に裸王のもとへと向かう。
主人公は裸王の野望を止めることができるのか…



昔のエロゲで見た(ような気がする)この馬鹿げたストーリー…

f:id:GNPSTONP:20130624230145p:plain

f:id:GNPSTONP:20130624233329p:plain


進行の為に使うスロットのボタンを押す度に「アア~ン」と叫んだり
ヘルプの女の子が唐突に「擬似連」といったパチンコ用語を喋ったりと
全体的に「オッサン臭さ」を感じるんですよねこのゲーム…

そのオッサン臭さの最たる例がコレ。


f:id:GNPSTONP:20130624225823p:plain

f:id:GNPSTONP:20130624225913p:plain

f:id:GNPSTONP:20130624225928p:plain


今時エヴァやガンダムのパロネタを連発する主人公とか、ホント、ホントにキッツいんで!!

(名前ゴワスで始めたことを激しく後悔した)

この攻略キャラ限定のノリとかではなく、全編こんな感じです。

こんな加齢臭を感じるエロゲのシナリオはちょっと記憶に無いよ!!

f:id:GNPSTONP:20130624230041p:plain


ゲーム自体はなかなか悪くなくて、スロットの演出は豪華だし、
エッチなシーンの出てくる頻度が高く、フルボイスな上、しかもアニメーションまでするので、いわゆる「実用」的な面では基本無料にしては破格のクオリティだと思います。
回想シーンはいつでも見られるし。
あとは主人公の性格さえ許容出来れば…


このゲーム、もう一つ特筆する事があり、それは「催眠にかける女の子が、DMM.com内で販売している他のゲームに登場するキャラ」という点。
メーカーと協力し、広告と兼用することでフルボイス化やゲームの開発費を担保してると予想されます。
これはなかなか理にかなってるシステムですね…。



ガールズ・ヘルファイア

ずっと二次元キャラで来ましたが、ラストは三次元です。

f:id:GNPSTONP:20130624230411p:plain


…そう!これは「AV女優がカードになってるソーシャルゲーム」です!!!

f:id:GNPSTONP:20130624230430p:plain


実在する女性にランクとレアリティが割り振られるという、
変な所にバレたら大変なことになるんじゃないのとも思わなくもないこの世界。
人気の女優はコストやレアリティも複数割り振られているようで、厳しい世界です…

f:id:GNPSTONP:20130624230512p:plain


画面の色合いとかフォントとかが凄く…その…「らしい」です…(間接的表現)
なんだろうこの「90年代アングラホームページ」の様な空気…

ルールはいつものソーシャルゲームシステムです(説明が面倒くさくなってきた)

他ゲームで『クエスト』に当たる部分が『指令』となっていて、
「デッキに入れた女の子にエロいことをさせてる」という設定なのですが、
その指令の内容が以下の通り(原文ママ

エリア 公園1
「お散歩:公園内で女のコを物色せよ。」
  ↓クリア
「トイレでご奉仕:男子トイレに入り、口でご奉仕、フィニッシュ時にごっくんさせろ。」
  ↓クリア
「裸コートで徘徊:全裸にトレンチコート1枚で公園内を歩き回らせ、なおかつイかないように制御しろ。」
  ↓クリア
「ピンクローター:見つけた女のコのアソコにピンクローターをつけ、スイッチオン!誰にもバレないようにリモコンでコントロールしろ。」
  ↓クリア
「野外プレイ:茂みの中で、声を出さずにイかせろ。」
  ↓公園1エリアクリア!!
公園エリア2へ


く、くだらねぇぇぇぇ!!!!!!
「スイッチオン!」じゃねえよ!!

この文章で興奮しろとでも言うのか!?失笑しか沸かないよ!!


ペロペロサイミンをある意味超えるオッサン臭さに自分の精神もヘルファイア寸前です(混乱してきた)

画面右上部にある「ESC」を押すと

f:id:GNPSTONP:20130624230715p:plain



突然画面が8ビットゲーム風の絵で覆われます。
「これで画面を一時的に隠せる!どうだおもろいだろ!」
という開発者のどや顔が否が応でも思い浮かびますが

f:id:GNPSTONP:20130624230737p:plain


周辺のエロバナーが消えないあたりが最高にヘルファイア案件ですね…


とりあえずこんなところです。

18歳以上でヘルファイアしてみたい提督の方々、たまにはこんなゲームもどうでしょうか。

自分はロードオブワルキューレでポチポチしてます…

amazonで電子書籍の漫画が99円と聞いてやってきました

漫画

現在amazonでKindle版(電子書籍版)の漫画1巻を期間限定で99円にて販売してます。

まあ、うっかり1巻を買わせてしまえば続きも買うだろうという魂胆にまんまと釣られて行くわけですが、なにせ1400冊近くあるので見るのも大変。

そこで、自分のチョイスでいくつか見繕ってみて色々書き連ねてみます。

参考までにどうぞ。

 原爆投下後の広島を舞台に3世代に渡る「そこにある日常」を静かに描く物語。

大反響を呼び、2007年には映画化もされたので知っている方も多いはず。

原爆をテーマにしながら激しいシーンはほぼ無く、むしろその静かさの後ろにある「得体のしれない何か」の空気をひしひしと感じ、初見の時はそれは衝撃でした。

無駄なコマが何一つ無い、1巻完結漫画の究極の様な作品なので、未見の方には是非読んで頂きたいです。

 

日本の文化を学ぶべく集った「撫子衆」(表紙の子以外は全員外国人)の女の子達による学生生活を描く、コミック百合姫連載の4コマ漫画。

実はこんなタイトルなのに、1巻で着物を着るシーンが殆ど無いという衝撃作なのですが、最近発売された2巻では着物のシーンが大幅に増えて、やっとタイトルに偽りなしになりましたw

コミック百合姫」掲載とはいえ、あの「ゆるゆり」や「百合男子」を要する雑誌なので、このままゆるい日常系で終わるかなーと思ったら2巻後半の展開で、百合漫画としてハンドルをだいぶ切ってきたので、結構びっくりしました。

絵柄にピンときた和装女子好きには激しくオススメです。

…2巻の電子書籍版は今現在、まだラインナップされてないんですけどね!!!

 

面白ォォォイ!説明不要!!

抜群の画力、独創的かつデザイン性の高い構成。そして可愛いキャラクター達。

おいおいこんな4コマ界の大傑作が99円でいいのかいスティーブ…

アニメのBlu-rayBOXも購入しましたよ…

四の五の言わずにみんな読もう!!

 

 大好きな作品なのだが以外にもこのブログで取り上げてなかった…

怪異を引き寄せる体質を持ってしまっている少年、加賀美一也と、帯の付喪神、桐葉が「すそはらい」となり、襲いかかる妖怪達と激しい戦いを繰り広げる学園アクションファンタジー。

キャラクター!ストーリー!バトル描写!お色気!どれをとっても超ハイレベルです!

特にヒロイン、桐葉さんの魅力が素晴らしいですね! ロリババアロリババアですよ!

絶対アニメ化すると思ってたのだが、一向に動きがない…

風呂か!?頻発する全開全裸の風呂シーンがいけないのか!?

 

スペイン帰りのサッカー少年「若松ムサシ」を主人公に、下位リーグ所属の弱小サッカークラブ「南予オレンジ」の上位リーグへの昇格挑戦を描く本格サッカー漫画。

予算の問題や、主力選手の代表招集によるリーグ戦の戦力低下問題といった、現実のサッカークラブが実際に持つ問題をリアルに描いた傑作です。これで掲載時期が10年前というから驚き。

作者の能田達規先生はこの連載をきっかけにJリーグと関わりを持つようになり、愛媛FCのマスコットキャラクターをデザインしていたりしますね。

実は自分も当時、連載ベースで追ってて、内容を結構忘れてるのでコレを来に全巻揃えようかなーと思ってます。一時期店頭で見かけなかったんですこの漫画…

 

とりあえずざっくりと何点か挙げてみました!

良ければ参考にしてみてください!

また、 以前の漫画記事と被るので細かいレビューは省きますが、以下にあげた漫画も引き続きオススメですよ!!

 

【読もう!】ハルタvol.2買ってきた【コミックビーム】

漫画

コミックビームの流れをくむエンターブレインの新漫画雑誌、「ハルタ vol.2」 買って来ました

 

ハルタ 2013-MARCH volume 2 (ビームコミックス)
ハルタ 2013-MARCH volume 2 (ビームコミックス)

ええシャーリー目当てですけどね!

 

f:id:GNPSTONP:20130316224618j:plain

 

エンターブレイン最強の漢、森薫女史による13才少女メイドの破壊力は初出からかなりの時が経った今でも衰えを知らぬどころかさらに磨きがかかってるぜ…

次の号も掲載するとの事で楽しみですね!!

 

シャーリー (Beam comix)
シャーリー (Beam comix)

2003年(10年経ってたのかよ…)に単行本としてまとまった後も、時折こうしてコミックビーム関連誌に連載されてるのですが、それがまとまるのはいつのことか…

 

f:id:GNPSTONP:20130316225156j:plain

というかですね、エマ1巻を初版で持ってるの、俺の漫画読みとしてのステータスとしてそれなりに自慢できる事だったりするんで、ちょうどいい機会なので今ココで自慢しておきます!! ドヤァ…

 

さて、このハルタという雑誌、以前の2012マンガ大賞の記事を書いた時に、単行本が2013年発売なので泣く泣く外した最近のイチオシ漫画「ハクメイとミコチ」が既に看板漫画の立ち位置を獲得しててなかなかに俺得です。

 

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス)
ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス)

身長9cmの女の子二人の森の日常を雰囲気たっぷりに描いたファンタジー(?)作品。

乙嫁語り5巻封入の冊子で知った方も多いかも。

独特な世界観を描き切る画力の高さ、楽しげなキャラクター達に雰囲気のあるストーリーとどれをとっても高レベルです。マジオススメ。

本当によくこういう人を見つけてくるものだこの雑誌は…

 

同じ雑誌連載作品だと、魔法使い一家4人に起こる大事件を描く「乱と灰色の世界」も面白いです。もっと話題になってほしい。

乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)
乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)

何か「砂ぼうず」の連載も再会するとの事で、ビーム関連がまた賑やかになってきましたね。

みんなも読もう!コミックビーム!!

 

 では漫画とゲームのドッキングする様を見ながらお別れしましょう。

 

 

個人的洗脳CMトップクラスなんだが…これ知ってる人少ねえんだよなぁ…

閃乱カグラのおっぱいじゃない部分を褒めてみる

ゲーム

 前回のドラクエ7すれちがい通信の記事ですが、おかげさまでものすごく反響がありまして、驚くと共に大変感謝しております!

一日10アクセスが関の山だった、この作ったばっかりのブログに2万アクセスですよ…

まあ今後も無理せず書きたいことを書いていくスタンスで行きますのでよろしくお願い致します。

で、前回はマイナス面を突っ込むゲームレビューだったので今回はゲームを褒めてみようとおもいます!

お題はタイトル通り「閃乱カグラ」です。
この閃乱カグラ、なにせジャンルが「ハイパー爆乳バトル」と自称するだけあってそれはもうおっぱいの乱舞なんですよ。

最近見なくなったこいつ ( ゚∀゚)o彡゜ も思わず貼りたくなるぐらいのおっぱいゲーなわけなんですよ。(こいつジョルジュ長岡って名前だったなぁ…)

広告展開も各方面での話題もおっぱいに集中してるんですが、実はこのゲーム、シリーズ最初の3DS版からUI(ユーザーインターフェース)の作りが凄く丁寧なんですよ。
vitaで発売された最新作「閃乱カグラ SHINOVI VERSUS」を中心に色々具体例を挙げてみたいと思います。

・使いやすいメニュー画面

このゲームのメニュー関連を作ってる人はセンスあります。

キャプだとわかりづらいんですが、全体的にキビキビ動いて気持ちいいです。

 

各種モードへ移動する画面「忍部屋」

f:id:GNPSTONP:20130306225821j:plain

 

f:id:GNPSTONP:20130306224140j:plain

キャラを移動させて各施設へと移動するわけですが、
Rボタンで呼び出したメニューで直接飛ぶことも出来ます。(DS版は下画面にショートカットボタンが常設されてました)終盤になると移動もめんどくさくなってくるんで、嬉しい配慮ですね。

 

f:id:GNPSTONP:20130306224211j:plain

こちらは任務選択画面。
情報の出し方も過不足なくよくまとまってると思います。
vita版だと任務選択画面中でもキャラ切り替えができるようになっててさらにイエスだね!

 

バトル画面中のポーズ画面と技表画面です。ここも任務選択画面と共通の部分をうまく使いつつスッキリまとまってます。

f:id:GNPSTONP:20130306235510j:plain

 

f:id:GNPSTONP:20130306235514j:plain

バトル中一番見たくなる技表画面だけはポーズ画面からだけでなく、SELECTボタンで直接呼び出せるようになっているのもユーザー視点に立ったキーアサインになっててポイント高いです。3DS版も下画面に常時表示出来るようになってて有りがたかったですね。



・デモ画面のスキップがクイック
内容的にはUIというよりUX(user experience 利用者体験)の話ですが…

f:id:GNPSTONP:20130306235428j:plain

 

f:id:GNPSTONP:20130306235421j:plain

このゲーム、バトル中に忍転身や秘伝忍法、服へのダメージといったデモが敵味方両方で乱れ飛ぶゲームなので、必然的に何度もデモを見る事になるのですが、ボタンひとつでスキップ可能なのでアクションのテンポが途切れません。いくらおっぱいゲーとは言え強制的に見させられるのは勘弁ですからね…


・更衣室の作りがやたら丁寧
各方面で話題をさらっている更衣室ですが、

 十分に用意されたお気に入り登録の個数(MAX25個)や

f:id:GNPSTONP:20130306232016j:plain

 
アクセサリーの位置調整周りの洗練ぶり

f:id:GNPSTONP:20130306235149j:plain


初期衣装へ戻したりお気に入りのセットを反映させるキャラを一括選択出来たりと至れり尽くせりです。

f:id:GNPSTONP:20130306231700j:plain

こいつら…力を入れる場所をわかっている…!


と、細い部分が丁寧に作られているので、若干作業感もある本編もプレイするテンションが保てます。
制作のタムソフトに技術の高い人がいるのか、それともマーベラス側に出来る人間がいるのか…どちらにしろいい仕事です。

と、ここまで褒めてきましたが、不満点もあるのでそこも挙げておきます

・ロードが長い

f:id:GNPSTONP:20130306222014j:plain

全体的にクイックに動く分、余計にロード時間が気になります。もったいない…
何気に3DS版も長かったんですよね…

・イベント画面の操作まわりがちょっと…

f:id:GNPSTONP:20130306103352j:plain

画面タップがページ送りにアサインされてるんですが、用語解説も画面タップな上、用語部分の当たり判定が厳しいので用語解説を見ようとしても間違えてページ送りになってしまう事が多いです。バックログ内だとタップでページ送りにならないので用語解説を見るのが楽なんですがちょっと裏技気味。せめて正面タップのメッセージ送りをオプションで切れたらなーとおもいます。

と、2点程上げましたが最新のアナウンスで一番の不満点だった戦闘のカメラ周りに修正がかかるようで、今後もシステム系に手が入りそうで期待大です。

おっぱいとシリアスなシナリオとシステムが上手いこと合致している閃乱カグラシリーズ、今後も3DSとvita両方で展開していくみたいなので、このまま楽しいゲームに進化していくことを期待していきたいですね

 

f:id:GNPSTONP:20130306113736j:plain

ただほんとエロスに関しては上級者向けなんで注意してください…
(画面はおみくじで当選した下着が神々しく回転するの図)

f:id:GNPSTONP:20130306235212j:plain

 あと緋袴をミニにした奴はあとで屋上な!

 

閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- (通常版)

閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- (通常版)

閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-

閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-

3DS版ドラクエ7のすれちがい通信まわりがスゴイ(悪い意味で)

ゲーム

3DS版のドラゴンクエスト7、ミリオン突破しましたね。
オールディーズなRPGのルールを色濃く残す13年前のゲームのリメイクが今このタイミングで売れたことにみんな思うことが色々あるようで、話題になったスマホ脳のエントリを始め数々の意見が見られます。

個人的に思うことも色々ありますが、ここは現役ゲーム屋さんらしく、あえて新規仕様や変更仕様に限定したツッコミをしていこうかと思います。

具体的に言うと「すれちがい通信」についてです。

本編で重要な意味を持つキーアイテム「石版」を交換して、自動生成されたダンジョンを潜り報酬を得るというもの。
かつてすれちがい通信という遊び方を世に知らしめたDQ9の地図に近い性質を持ち、遊ばせ方としては鉄板のシステム…なんですけどね…
いや、実際遊べるんです。敵の強さもプレイヤー側である程度調整できるし、限定配信や本編には出ない他シリーズの敵が出現したりするのも今風で良いのですが…

仕様の開示の仕方、誘導、UI(ユーザーインターフェース)周りが最悪です。

ちょっと「13年前のゲームに後のせしたから」では理由にならないレベルで酷くて、かなりションボリしたので、もうこうなったら気になった部分を全て書いてやろうと思います。


スゴイ1)仕様開放タイミングがスゴイ
すれちがい通信が可能になる「移民の街」に到達出来るようになるまで、ゲーム内時間でだいたい6時間ぐらいかかります。
移民の町から旅の扉でワープし、「モンスターパーク」と呼ばれる場所まで移動するとすれちがい通信が可能になるのですが、到達したばかりの時は仕様が限定されており、NPCや人からもらった石版しかすれちがい通信に使うことができず、メインの遊び方である「戦闘で懐いたモンスターから3匹選んでオリジナルのすれちがい石版を探す」という作業が出来るようになるまでにはさらにゲームを進行させないといけません。
そして、自分のプレイでこの「すれちがい石版を探す」のコマンドが使えるようになったのは、ゲーム開始から31時間後でした。

すれちがい仕様がまともに使えるようになるまで30時間かかるゲームは初めて見たわ!!

また、すれちがい石版の構成要素である「戦闘終了後にモンスターが懐くようになる」仕様も移民の街到達時から開放になるのですが、この街到達から本仕様開放までの25時間の間「戦闘で懐いたモンスター」を管理するモンスターじいさんは現れず、プレイヤーは「実利がなくてよくわからないけど何かモンスターが仲間になる」仕様に25時間付き合うことになります。

気持ち悪いわ!!
ああわかるよ!どうせ「モンスターじいさん開放まで懐く仕様を封じてもいいけど、その間の25時間で戦闘もかなり行うし、その間モンスターが仲間にならないのもなー」みたいなこと考えたんだろ!
大きなお世話だわ! よくわからん仕様に25時間付き合わされる方が辛いわ!!

そもそもモンスターじいさん開放をルーメン復活まで引っ張る意味がさっぱりわからねえ!!
ゲームバランス的にも(ボスがだいぶ辛いけど)移民の街到達後即開放でも特に問題はないわ!
「小屋を置くちょうどいい場所がルーメンにしかなかった」ぐらいの判断にしか見えねえよ!!

ここまで引っ張ったからには、モンスターじいさん復活にはさぞドラマチックな展開が待っているかと思ったけど、現代ルーメンに行く途中で見つけた見知らぬ小屋にワールドマップから入ったらそこが見知ったモンスターパークで、何のイベントもなくNPCが2体追加されてて、それがモンスターじいさんだったよ!!

しかもこのじいさんに初めて話しかけたら

f:id:GNPSTONP:20130303231921j:plain


とか言われたよ! 

お前とは初対面だよ!!

 

スゴイ2)ゲーム内の仕様説明(ヘルプ)がスゴイ
結論から言いますが、ここまで長い上にわかりにくいヘルプメッセージはなかなか見られません。
DQらしく、キャラクターが喋って説明をする口語体なので文章は長くなりがちなのですが、それにしたって異常です。
新規仕様を文章で説明する際にNGとされている事が一通り入っていて、ある意味作った人のセンスを感じざるを得ません。
全部のメッセージ貼ってやろうかと思いましたが200行超えるのでやめました。
マズイ部分をかいつまんで突っ込んで見ようかと思います。


■ここがマズイ1:長い
すれちがい通信の窓口となるNPCに初めて話しかけてから、実際にすれちがいに使う石版を登録しキーフリーになるまで、1ページ3行のメッセージウインドウを約50ページ見ないと終了しません。
どんな単純な内容でも長ければ長いだけ頭には入らないなんて誰でもわかるのになぜこんなことになってしまったのか…


■ここがマズイ2:プレイヤーが体験していない内容を説明している
ヘルプメッセージの内容は「プレイヤーが直前に体験したor直後に体験出来る内容に絞る」のが鉄則です。
しかしDQ7では25時間後にならないと開放されない自分で懐かせたモンスターで作った石版でのリーダーモンスターのレベルアップやすれちがい成立時の移民についての話も最初に長々と行なってしまいます。
結局何の仕様の説明をされたかわからずじまいのまま右から左へ文章が流されて行くだけという…


■ここがマズイ3:例外的なケースも一気に説明している。
これは実際にテキストを貼って見てみましょう。

(「すれちがい石版をおくる」コマンド すれちがい石版初回登録時のメッセージ)
これで すれちがい通信
本体への登録と
石版の 送信が 完了したのじゃ。

後は このゲームを終了しても
すれちがい通信は 自動で
行われるからの。 

それと これで 他に
すれちがい通信を している人から 石版を
もらうことが できるようになったぞ。

すれちがった 石版は
『石版をみる』から 確認できるからの。

また このすれちがった石版は
同じ ぼうけんのしょから 物語が
始まった プレイヤーであれば……

かりに セーブした
ぼうけんのしょが 別でも
受け取ることが できるからの。

じゃが 物語の始まりが
同じでない場合は 受け取ることは
できんぞ。

つまり 例えば ぼうけんのしょ1で
物語を始め……

その後 ぼうけんのしょ2に 記録をし
続きを 遊んでいる場合は
どちらのぼうけんのしょでも受け取れるぞ。

じゃが 新たに ぼうけんのしょ3で
物語を 最初から 始めた場合は……

ぼうけんのしょ1 や 2で
すれちがった石版は 受け取れず……

ぼうけんのしょ3で すれちがった
石版を ぼうけんのしょ1 や 2で
受け取ることは できんのじゃ。

石版を 受け取るときや
送るときには 十分に
注意するんじゃぞ。

 


「すれちがい登録後、セーブするファイルの番号を変えた場合」という特殊なケースの話をクソわかりづらい例まで挙げて長々と説明してくれてますが、この段階でプレイヤーはまだ一度も正規の処理でのすれちがい通信の受け取りを体験してはおらず、そんな状態で例外を話されても全く理解不能です。

もう典型的な「仕様を知ってる人が作った、予備知識ゼロの人が見る事を全く想定出来てない文章」で頭が痛いわ!
しかもこの文章、抜粋だけど実際にはこれを見る前にすれちがい用のプロフィール設定やメッセージの作成などを長々とやらされているので理解不能度はさらに倍加してるんだよ!!

構成するとき少しでもおかしいとは思わなかったのかよ!!

■ここがマズイ4:一度見ると二度と見られない。
一番の理解不能仕様。
長いだの量が多いだの散々文句言ったこれらのヘルプメッセージですが、一度見ると二度と見られません

どういうことだよ!

 

f:id:GNPSTONP:20130303224820j:plain


その部屋の奥に置いてある沢山の本棚は飾りかよ!!
正規仕様開放になったらもう一回見られるかと思ったらそれも無しだよ!!
「盗賊アジトに入るための合言葉選択」には項目選択出来るUI使ってたんだから、同じように複雑な仕様や例外処理は項目作って本に逃せばよかっただろ!!

どうして!どうしてこうなった!!!

スゴイ3)UIがスゴイ
持ちきれない石版を一枚一枚確認メッセージ混みで消さなければいけないなんて21世紀の仕様じゃねぇ…

 スタックに24枚までキープできる仕様が完全に裏目に出てるよ…
しかも毎回

 

f:id:GNPSTONP:20130303225321j:plain



と念押ししてくるからさらにウザさ倍増だよ!!

 

…とまあ、言いたい放題言いましたが、遊びやすさは増してたりゲームバランスは自分好みだったりするので楽しんではいるんです。
ただ、「出る」事自体に価値があるとも言えるドラクエというゲームでここまで至らない作りになっている事が自分にはとても悔しく感じるんです…

がんばれアルテピアッツァ…!  いつかオプーナ2が出るその時まで…!

ニンテンドー3DS版 ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち 公式ガイドブック (SE-MOOK)

ニンテンドー3DS版 ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち 公式ガイドブック (SE-MOOK)

ドラゴンクエスト 7 エデンの戦士たち 石版世界導きの書 (Vジャンプブックス(書籍))

ドラゴンクエスト 7 エデンの戦士たち 石版世界導きの書 (Vジャンプブックス(書籍))

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

オプーナ

オプーナ

楽しいvitaダイレクトでしたね…

ゲーム

先日行われた

PlaystationVitaに関する最新情報

予想されていた通りの値下げ発表やら何やらで、なかなか盛り上がりました。

少なくとも盛大なズコーが発生した

ようこそ!PSVitaゲーム天国

よりも数倍良かった放送だったのは間違いないでしょう。

 

まあ、盛大にニンテンドーダイレクトとコンセプトが丸かぶりなわけですが、リアルタイムで盛り上がれるストリーム放送はゲームユーザーやSNSとも相性が良いのはわかりきっていて、実際17時放送という時間でもtwitterのタイムラインは実況で盛り上がっていたので、ここはもう恥も外聞も捨ててガンガンパクってしまっていいのではないでしょうか。

興味のない人でもゲーム情報を無作為に広められる可能性のある媒体は貴重なので…

 

個人的に気になったのは、プレゼンターである河野弘氏の謎な斜めからのカメラショット、「予約してください」「楽しそうですね」「すごい迫力ですね」「大注目」「私も楽しみです」といったコメント。

ニンテンドーダイレクトの岩田社長はあまり使わない言い回しを随分使ってたように思えます。

任天堂より、「商品」「パッケージ」を売り込んでいる、という印象を受けました。これは、良い/悪いというより、任天堂SCEのカラーの違いだと思いますねー。

まあ、岩田社長とはオフィシャルな場面で喋った場数が違いすぎるので、喋りの技量に格段の差があってその分ちょっと劣る印象になるのは仕方ないかな…と。

いやー稲船さんの喋りが立つので余計に目立った…w

 

とにかく木曜にもSCEカンファレンスを控え、ニンテンドーダイレクトも2週連続で行われる今週。ゲーム業界が盛り上がってほしいなーと切に思います。